2011年07月27日

復興支援ジャージ入荷しました。

DSC03232.JPG
 
数枚ですが、店頭在庫もあります。お早目にお問い合わせください。
なお次回入荷の予定はありません。

以下公式発表文引用
unite311 復興支援サイクルジャージ 「TOMORROW」のデザインについて
私たちに出来ること。それは忘れないこと。
今はまだ自分に出来ることが見つからないかもしれません。
ですが彼地の復興はこれから長い道のりを必要とするでしょうし、支援にも長い道のりが求められます。
自分たちはその間にも日々の小さな支援を続けながら、それまでの日常に戻らなければなりませんが、
今の気持ちを忘れないでいれば、3ヶ月後、半年後、1年後、そしてその先にも、いつか自分だけが出来ること、やるべきことが見つかるかもしれません。
この気持ちを持ち続けることを私たちの日常に変えるために、そして今日の思いを「明日」への
希望に変えて日々進むため、「TOMORROW」という言葉と共に、ひとつのサイクルジャージを作りました。
3月11日、彼地では凍てつくような長い冬からようやく抜け出し、待望の春の到来を告げる花を愛でる
季節でもありました。その美しい日本語「花を愛でる」に記された「愛」という言葉をから、東北地方を起源と
する日本古来の染色技術である「藍」染をイメージし、このサイクルジャージには藍色を用いました。
胸には国鳥の「雉」と共に「明日」意味する「TOMORROW」を刻み、左袖に付く漢数字「三 一 一」には、日本の象徴である日の丸と富士が隠されています。
人は決して弱くない。でも支えがあればもっと強くなる。みな一人ではない。そして人を支えることで自分も
支えられていることを実感する・・・
襟元には、海外で戦うプロ・ロードレース選手、TEAM 「radioshack」の別府選手から送られたメッセージ
「ひとりじゃない - You are NOT alone -」を配し、右腕と背面には支援という共通した繋がりの中でも、
其々が特別な思いをお持ちの皆様を繋ぐ一つのワード「unite」私たちが全てを考え直すキッカケのとなった「311」
其々の支援への思いを311の数字の下に融合する意味として付けたプロジェクト名「unite311」を記しました。

 
DSC03234.JPG

背面全面には、形のない、思いだけで始まったこのプロジェクトを背中から支え続けてくださいました
協賛社様皆様を記載させていただきました。
このサイクルジャージにプリントされた桜の花は、彼地で咲く本物の桜が舞い降りるシーンが来ることを願って、私たちの希望の証として印しています。
日常の活力を生む余暇に使用するものの中に、今回の震災とこれからの復興に努力されている人と地区が
あることを忘れないでいる記号を入れることが、今の私たちの出来ることでした。
今の記憶を明日の希望として繋ぎながら、このサイクルジャージと共に何時の日か彼地を皆さんで走れる日が
来ることを、そして皆様に末永く愛されるサイクルジャージになることを心より願っております。
TRAIN 中野達男
AEROAZURE 和田智裕
HOMEAL1 奥野真行(グラフィックデザイナー) 
DSC03233.JPG
posted by tetuzine at 17:29| Comment(3) | TrackBack(0) | お勧め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう遅いかもしれませんが、復興支援サイクルジャージの在庫はまだありますか?ぜひ入手したいと思って探しています。宜しくお願いします。
Posted by Aki at 2011年08月26日 13:27
Aki様
申し訳ありませんが、当店の在庫はすべて売切れてしまいました。
次回企画がありましたらまたご紹介致します。
Posted by ひかる@管理 at 2011年08月26日 14:02
お返事ありがとうございます。了解しました。
Posted by Aki at 2011年08月26日 15:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。