2010年09月23日

Avedio 2011年モデル Venus 01 SUN

当店のサポート選手、大江選手に先程2011年モデルのVenus01「SUN」を納車しました。
Avedioさんに特別に用意して頂いたモデルで、一般販売は12月末以降となります。

IMG_9427.JPG
昨年までかなりの好評判だったVenusが、上下異径ヘッド、新型フォークになりました。

また今年から小さいサイズが拡充され、420と450というかなり小さいサイズも用意されました。
これで女性の方や、身長が160センチ前後の方でも容易にサイズを合わせることができます。

もちろん、下位モデルのBacchus、Charisにも小さいサイズが用意されています。

大江選手に詳細なレポートをしてもらう予定ですので、ご期待ください!

追記-9/26-
大江選手の初乗りの感想
http://blog.livedoor.jp/yoshi_ohe/archives/1547246.html
-------------以下引用--------------
New Road Bike初乗りに行ってきました!

○ルート
・小野川-船坂-水窪-ぶどうまつたけ-柏木-上山-天馬峠-置賜東部線-白鷹-米沢
・約140km

○同行者
・ひかる
・ねもと(ぶどうまつたけまで)

新しいロードバイクは、Avedio VENUS01。
ホイールは、MAVIC アクシウム。
タイヤは、ブリジストン エクステンザRR2。

乗り出してみると、驚くほどスムーズ。
路面の段差の振動吸収性は素晴らしく、軽く回すと脚にばねのような感覚が返ってくる。
1年数ヶ月ぶりのロードということもあり、上半身がついてこない。
ちょっとした上りでガッツリ踏んでみると、バイクに脚がついていかない。
今の俺には、軽く回していた時とは違う表情を見せるように感じる。

水窪ダムの手前で、短いがそれなりの上りに差し掛かる。
すぱーーーっと上っていき、つづらのコーナーの立ち上がりぐいっと弾き上げられるような感覚がたまらない。

置賜東部線まで行き、細く左右にうねる下り。
細かい左右への切り替えしがすごくスムーズで攻めたくなるが、ブラインドといつ車が来るかわからないので自粛。
路面の段差と、水切の溝の上の金網をこえる時の振動をバイクが吸収してくれるので、体へのダメージが小さい。

米沢に帰ってきたら、それなりの疲労感。
MTBだけ乗ってたので、ロードにカラダがついていかないようだ。
XCのレースを走っていて、スピードが足りないと感じるが、この辺はやっぱりロードで養うのが良さそうだ。

明日は樽口へ。
約160kmで、獲得標高約2900m。
メンツは手ごわい奴等。
新しいバイクで走るのが楽しみだ。

早くこいつに思ったように乗れるよう、乗り込みたいと思う。

2010_9_24 天馬水←天馬水








2010_9_24 置賜大橋←置賜大橋

↓長命水

2010_9_24 長命水



posted by tetuzine at 16:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おっ,大江も久しぶりだけど,店がきれいになっている気がする。
もがきマシンはE田のところに行ったのか?
Avadioいいけど,走らなくなった人間には床の間の熊だなぁ。
Posted by ケンヂ at 2010年09月23日 20:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。