2010年03月17日

超簡単ステップイン TIME ICLIC

画期的な構造のタイム アイクリックが各種入荷しました。
今回は売れ筋モデルのICLIC CARBON を試乗してみました。
IMG_6246.JPG

今までのペダルとは違い、オープン状態で待機しているため、とても簡単にステップインできます。
従来はステップインする時にある程度力をかけないとステップインできませんでしたが、ICLICはペダルに足を乗せただけでステップインできます。

ICLIC.JPG

金属バネを使用せずカーボンバネを使用することにより、非常に軽量(ペア235g デュラエースのペダルだと278g)で持った感じでかなり違います。
ステップインも本当に簡単で、今までハマらなくてイライラしていたのが解消されそうです。本当に足を乗せただけでパチン、とはまります。

また、歴代タイムのペダルの特徴であるQファクターの調整と膝に優しい独特なフローティング、ミニマムバイオポジション(シューズのソールからペダル軸までの距離が短い)もきちんと継承されており、効率の良いペダリングができます。

特に、フローティングに関しては逸品で平行に2.5mm、回転方向に5度動き、更に若干センタリングもしてくれるので動きすぎることもなく、ちょうどいい塩梅で違和感なくペダリングできます。

スタイルも、カタログで見た時はボテッとしてるな、と思いましたが実物は結構すっきりしています。
IMG_6247.JPG

TeamHOSHI内でも好評で、既に5人6人の導入が決定しています。
慣れてしまうと従来のペダルに戻れなくなるかもしれません。当店で一番オススメのペダルです。是非ご検討ください。
posted by tetuzine at 16:27| Comment(2) | TrackBack(0) | お勧め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!
現在iclicの導入を検討しているものです。そこで教えていただきたいのですが、ペダルをクランクに装着する際に、何か専用の工具が必要なのでしょうか?それともメガネレンチ等で装着できるのでしょうか?
教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。
Posted by hellogoodbye527 at 2010年04月24日 23:12
>>hellogoodbye527さん
はじめまして。
チタンアクスルのモデルは6mmアーレンキ、クロモリアクスルのモデルは8mmアーレンキでの取り付けとなります。

シマノのペダルは8mmアーレンキで取り外しできます。
逆ネジになっていますので、方向に注意することと、勢い余ってギアで手をずたずたにしないように注意してください。
できればプロに依頼するのが一番良いと思います。
Posted by ひかる@管理 at 2010年04月24日 23:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143903559
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック