2011年06月24日

intro 自転車用グローブ専業メーカーの本革グローブ

手の痛みを軽減したり、落車時の手の保護のためにグローブは欠かせません。
今までのグローブとは質が違う、そんな本革グローブを一度使ってみてください。
本革グローブって高いんじゃないの?と思われている方が多いと思いますが、introのグローブは非常にコストパフォーマンスが良いです。
自転車グローブ専門で作っているメーカーなので、細かいところまで配慮が行き届いています。

まずフラグシップモデルTRIGGERシリーズ

DSC02105.JPG

DSC02111.JPG

このシリーズはエチオピアシープスキン(羊皮)を全面に使用していて、非常に手触りが良いです。
指切りで5250円、指付きで6300円と、これだけ革を使用した製品としてはかなりお手頃な値段です。
指付きモデルでもフィット感が良く、細かい指先の作業も利くので自転車だけでなく他のスポーツにも使えそうです。
指切りモデルは甲の部分がメッシュになっているので蒸れにくく、ストレスなく着けていられます。

DSC02106.JPG

DSC02112.JPG

ロードには余計なパットなど付いていないので、違和感なくピタッとフィットします。

INNOVATORシリーズ
このモデルはよりレース向きで、無駄を省きより軽量に、フィット感も向上しています。

DSC02101.JPG

 

DSC02102.JPG

革は薄くて放湿性に優れたディアスキン(鹿皮)と耐摩耗性に優れたゴートスキン(山羊皮)を使用しています。
ベルクロがついていないので、若干着け外しが面倒ではありますが、一度着けてしまうと着けていることを忘れるようなフィット感がウリです。
甲は全面メッシュなので蒸れ知らずで、真夏のヒルクライムなどに最適です。

お値段は指付きが5040円、指切りが4725円です。

STINGERシリーズ

DSC02108.JPG
DSC02110.JPG

これは手のひらに低反発素材のパッドを配して悪路での快適性をアップしています。
このパット素材が逸品で、他社の物より圧倒的に違和感が少ないです。
これだとありがちなパットの部分でのズレが起きにくく、快適性が増しそうです。
MTBや超長距離での使用に適しているモデルです。

お値段は指付きが4410円、指切りが3990円です。

また、同様のパットを使ったヘリテージというモデルもあります。
こちらはゴートスキンを使用してフィット感に優れます。

DSC02114.JPG
DSC02113.JPG

お値段は指切りのみで5250円です。

また、在庫していないカラー、サイズもすぐ取り寄せできますのでお問い合わせください。
もちろんお店で試着もできますので、気になる方は是非。各モデル、各サイズ取り揃えています。

posted by tetuzine at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月23日

キシリウム SR

R-SYSの唯一の欠点、それはスポークの太さからくる空気抵抗の多さでした。
その空気抵抗の問題を解消したベストパフォーマンスホイールの登場です!

DSC02099.JPG

前輪にキシリウムSL、後輪にR-SYSという組み合わせにしただけ、なんとも単純な話なのですが、これはコロンブスの卵的な発想です。
ホイールの空気抵抗が一番多いのは前輪部分になります。
そこに既に平地レースでは定番のキシリウムSLを使用することで、平地での巡航性能がR-SYSのそれより格段にアップしました。
そしてR-SYSの登板性能は失われていません。あの登りでの掛かりの良さはケタ違いです。
まさにR-SYSとキシリウムのいいとこ取り。

登りでも、平地でも、下りでも万能にこなすホイールに仕上がっています。
ホワイトカラーもカッコいいですね!

もちろん、用途によってはR-SYSの方が優れている面もありますので、ご購入前にご相談下さい。

posted by tetuzine at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

R-SYS SLR

Mavicの2011年新モデル、R-SYS SLRをご紹介します。

DSC01987.JPG

まずこのホイールの最大の特徴は、EXALITH(エクザリット)加工が施されたリム面です。
指紋のような紋様が刻まれたリム面はハードコーティングされており、アルミ合金をより薄くすることができます。さらに素材の硬度が増すため専用ブレーキシューを使うことによって、従来のリムより減りが少なくなります。

DSC01986.JPG

さらに前後違う専用タイヤがセットされており、グリップ力、耐久性、快適性が向上しています。
もちろん、従来のクリンチャータイヤも使用できますので、タイヤが摩耗した場合でも市販のタイヤで対応できます。

ホイールの基本性能は従来のR-SYSとほぼ同等ですので説明は省きますが、(過去のR-SYSの記事はこちら)どちらかと言うとヒルクライムで威力を発揮するホイールです。
スルスルと登っていける、なんて嘘みたいですが、10%超えた坂では最強かもしれません。
また、乗り心地がアルミホイールのそれとはケタ違いに良いのでロングライドに使用するのもアリです。

R-SYSシリーズは価格が高いのがネックですが、一度使ったらやめられない魅力があります。是非一度使ってみてください!

posted by tetuzine at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。