2011年04月25日

Boma試乗会 無事終了致しました。

Boma 試乗会、大盛況のうち終了しました。
皆さん思う存分試乗されたようで大満足だったようです。
今回はるばるやってきた試乗モデルは、MTBの コリーネ 、完成車重量6.6kg(!)のプレミアムモデル RS-I 、レーシングモデルの リファール の三台です。ホイールはRS-IにはTH-10C、リファールにはTH-13Wが装着されていました。

RSIの写真だけ忘れちゃいました…
RSIの写真だけ忘れちゃいました…

途中からあいにくの雨にも関わらず皆さん思う存分乗り比べて各モデル、各ホイールの違いを感じていただけたようで、Boma 名物営業の川村さんの説明も相成りとてもご満足頂けたようです。
特にRS-Iの重量と乗り心地の良さ、リファールの加速性能の良さには驚きの一言です。

こんなに汚れるまで乗りました…。
こんなに汚れるまで乗りました…。

そしてなにより、当店が作らせたと言っても過言ではない(過言です。)、フルカーボンMTBフレームのコリーネ、これもかなりの完成度でした。
ガシガシ踏んでも足に来ない、そして悪路が走りやすいですね。金属フレームから乗り換えるとかなり違いを感じると思います。
ということで、このコリーネの試乗車を当店で用意します。というか、店長が乗ります(w
詳細は後日またブログにて!

最後になりましたが、お集まりいただいた皆様、Boma様、本当にありがとうございました!

posted by tetuzine at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

Zacoo 5° PRESTA 5度傾いているポンプ

Birzmanからとても使いやすいフロアポンプが入荷しました。その名もZacoo 5° PRESTA

DSC00808.JPG

このポンプ、商品名に入っているように使用者側に5度傾いています。
実際使ってみたところ安定していてとても詰めやすく感じました。
普段使っているSilica スーパーピスタよりも最後の一押しが楽な感じです。
220psi(15.4気圧)まで詰められますが、ロードの空気圧って大体入れても8.5気圧くらいですよね?
試しに9気圧くらいまで入れてみましたが、かなり楽ちんに入ります。

Birzmanらしく作りはとてもしっかりしていて長く愛用できそうです。
口金部分もなかなか良くできていて、ねじ込み式で確実に素早く装着できて調節も必要ありませんし、入らなかったり抜けなくなったりということもありません。

DSC00811.JPG

ちょっと値段が高いのがネックですが、シリカ スーパーピスタの口金を、ヒラメ ポンプヘッドに交換必須なのを考えると、それほど値段は変わらなくなってきます。

僕、このメーカーの製品大好きです!(笑
デザインもカッコいいし、作りもしっかりしていて使いやすい。
一押しなポンプですよ!

posted by tetuzine at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

復興支援ジャージ

3月11日東日本大震災、あまりの被害の大きさに、なにか僕達で出来ることはないかとずっと考えていました。
やっと、微力ながら我々サイクリストが協力できる方法がみつかりました。
極微力ながら、うちも協力したいと思います。
数に限りがあるので1週間限定受注のようですが、当店でも取り扱いします。
価格は8400円です。収益は日本赤十字社を通じて募金されます。
受注生産なので納期は6月中旬から下旬程度になるようです。

なにかわからないことがありましたらお問い合わせください。

なお注文は問い合わせページか直接お電話でお願いします。
http://www.tetuzine.com/contact.html
公式ページからも注文できます。

詳細はこちら
http://www.facebook.com/unite311
サイズはこちらのURLを参考に。
http://www.aeroazure.com/sizechart.php#bio
http://www.aeroazure.com/selection/size_chart/size-chart-bioracer.jpg

以下公式発表文引用
unite311 復興支援サイクルジャージ 「TOMORROW」のデザインについて
私たちに出来ること。それは忘れないこと。
今はまだ自分に出来ることが見つからないかもしれません。
ですが彼地の復興はこれから長い道のりを必要とするでしょうし、支援にも長い道のりが求められます。
自分たちはその間にも日々の小さな支援を続けながら、それまでの日常に戻らなければなりませんが、
今の気持ちを忘れないでいれば、3ヶ月後、半年後、1年後、そしてその先にも、いつか自分だけが出来ること、やるべきことが見つかるかもしれません。
この気持ちを持ち続けることを私たちの日常に変えるために、そして今日の思いを「明日」への
希望に変えて日々進むため、「TOMORROW」という言葉と共に、ひとつのサイクルジャージを作りました。
3月11日、彼地では凍てつくような長い冬からようやく抜け出し、待望の春の到来を告げる花を愛でる
季節でもありました。その美しい日本語「花を愛でる」に記された「愛」という言葉をから、東北地方を起源と
する日本古来の染色技術である「藍」染をイメージし、このサイクルジャージには藍色を用いました。
胸には国鳥の「雉」と共に「明日」意味する「TOMORROW」を刻み、左袖に付く漢数字「三 一 一」には、日本の象徴である日の丸と富士が隠されています。
人は決して弱くない。でも支えがあればもっと強くなる。みな一人ではない。そして人を支えることで自分も
支えられていることを実感する・・・
襟元には、海外で戦うプロ・ロードレース選手、TEAM 「radioshack」の別府選手から送られたメッセージ
「ひとりじゃない - You are NOT alone -」を配し、右腕と背面には支援という共通した繋がりの中でも、
其々が特別な思いをお持ちの皆様を繋ぐ一つのワード「unite」私たちが全てを考え直すキッカケのとなった「311」
其々の支援への思いを311の数字の下に融合する意味として付けたプロジェクト名「unite311」を記しました。
背面全面には、形のない、思いだけで始まったこのプロジェクトを背中から支え続けてくださいました
協賛社様皆様を記載させていただきました。
このサイクルジャージにプリントされた桜の花は、彼地で咲く本物の桜が舞い降りるシーンが来ることを願って、私たちの希望の証として印しています。
日常の活力を生む余暇に使用するものの中に、今回の震災とこれからの復興に努力されている人と地区が
あることを忘れないでいる記号を入れることが、今の私たちの出来ることでした。
今の記憶を明日の希望として繋ぎながら、このサイクルジャージと共に何時の日か彼地を皆さんで走れる日が
来ることを、そして皆様に末永く愛されるサイクルジャージになることを心より願っております。
TRAIN 中野達男
AEROAZURE 和田智裕
HOMEAL1 奥野真行(グラフィックデザイナー)

tomorrow_egata.jpg













posted by tetuzine at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。