2011年01月14日

フレームコーティング マジックウォーター その2

マジックウォーター、施工編です。

まず、パーツをすべて取り外してフレームのみの状態にします。
DSC00308.JPG
パーツ取り外し中

取り外したらフレームの脱脂を行います。(パーフェクトクリーン使用)
ワックス剤や油分が残っているとコーティングの定着が弱くなります。

さらに今回は傷やこびり付いた汚れがあったので、液体コンパウンド(ペイントコンディショナー)を使用して汚れ、傷を丁寧に消していきます。
この時点で艶がかなり出てきています。
ここまでの下処理が一番重要で、一番大変な工程です。


そして肝心のマジックウォーターでフレームを拭きあげます。
DSC00314.JPG

1回ではそれほど艶が出ないのですが、一度硬化させてから再度マジックウォーターで拭きあげていくと、だんだん艶が深くなっていきました。
3回ほどで↓のような膜が張ったような艶が出ます。(写真は翌日撮影)
DSC00334.JPG

このコーティングは、施工当日より時間を置いた方が艶が増すようです。
施工当日は大したことなかったのですが、だんだん妖美な輝きを放つようになってきました。
更に表面がつるつるしていて、ウリの一つである汚れの着き難さも期待できそうです。
また被膜は半永久的なので一度施工すると再施工の必要がほとんどありません。

実はこの日アンカーの営業が来たのですが、「あれ、新車の組み付け中ですか?」と言われました。
「いやいや、既に1年経って7000キロ乗った自転車のオーバーホールですよー」と言ったら驚かれました。
でも…正直新車より綺麗だと思います!(爆


こちらのコーティング、自転車の状態によって異なりますが5000円〜(組外し、組付け工賃別)となっております。
愛車のオーバーホールの時に是非お試しください。
当店でお買い上げの新車への施工も承ります。こちらはご相談ください。

また、自転車の状態によって効果がないと判断した場合にはお断りする場合もあります。


メンテナンス用のマジックウォーター80mlも700円にて販売致します。
施工後に定期的にご使用頂くことでさらに艶が増していきます。
posted by tetuzine at 00:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

フレームのガラスコーティング マジックウォーター その1

今なにかと話題のガラスコーティング。
当店でも施工開始しました。使用液剤はマジックウォーターです。
塗装に浸透し定着するので効果は半永久的に持続します。
さらにほかのガラスコーティングと違い、ムラが出来にくく何回も使用すればするほど艶が増していきます。
まずはその実力をご覧ください。

 
新車のフレームに
新車のフレームに
 
DSC00290.JPG
 
 DSC00298.JPGDSC00297.JPG
 
※左 コーティング前 右 コーティング後 ※クリックで拡大
 

コーティングによって艶が増し、表面のツブツブが無くなっているのがお分かりでしょうか?
※施工前 アルコールでの洗浄 施工後 アルコールでの洗浄+マジックウォーター3回

 
また、表面にガラス膜ができるので埃、汚れが付きにくくなり、汚れた場合も水洗いで簡単に落ちるようになります。

オフシーズンの間に、愛車のオーバーホールと一緒にいかがでしょうか?
詳細はまた後日…。
お客様の施工例と施工内容と共に。

posted by tetuzine at 21:10| Comment(1) | TrackBack(0) | お勧め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。